お得ネタ

「買うのを迷っている人に伝えたい!」ホームベーカリーを使った感想と購入したメリットについて紹介します

シマ
シマ
こんにちはシマフィンです

いきなりですが、皆さんは”パン”は好きですか?

私は”食べる”のはもちろんのこと、休日はホームベーカリーで朝食用の食パンをつくったり夕食用にピザ生地を作るなど”作る”ことも大好きです

よくホームベーカリーでのパン作りについて知人と話す機会があるとこんなことを質問されます

知人
知人
ホームベーカリーってよく聞くけど本当に美味しく食べれるの?
知人
知人
機械自体も高価だし、結局材料費もかかるから高くつくんじゃないの?

正直なところ、私も質問者さんと同様な疑問を持っていて買おうかどうか相当悩みました

今回の記事ではホームベーカリーを愛用中の私が上記の疑問点について使用してみた感想とホームベーカリーを購入することのメリットについて解説させて頂きます

本記事のターゲット

  • パン作りに興味あるけど、ホームベーカリーの購入に踏み出せない人
  • ホームベーカリーで作ったパンがどのような出来映えなのか知りたい人
  • パン作りに必要な材料費についてイメージが湧かない人

ホームベーカリー購入のメリットについて

まずは結論から述べます

シマ
シマ
ホームベーカリーの購入についてメリットはたくさんあります!

具体的な内容については以下の通りです

  • お店レベルのパンが手早く簡単に食べられる!
  • アレンジが多彩で家族でパン作りが楽しむことができる!
  • 手作りパンに変えることで出費が抑えられる!

早い!安い!美味しい!みたいなファストフード店のようなキャッチフレーズにはなっておりますが、ご心配はありません

これに加えて作るのが楽しいも加わっていますので、ぜひ試してもらいたいですね

買ってみるとわかりますが、本当にお店で食べるレベルのパンが自宅で作れます

シマ
シマ
私の場合だと、ホームベーカリーを購入後はパン屋には行かなくなりました

ホームベーカリーで作ったパンを友人にプレゼントした際には

「これ本当につくったの?」「お店で買うレベルだ」と驚きとお墨付きのコメントももらいました

それでは順にメリットの中身について解説していきます

メリット①お店レベルのパンが自宅で簡単に食べられる

まずホームベーカリーを使用するメリットはこれですね、とにかく楽な点です

具体的にホームベーカリーで食パンを作る際の作業は以下の通りです

  1. 材料をホームベーカリーに投入する

   (強力粉・砂糖・塩・バター・ドライイースト・水)

  1. 「食パン」の設定で時間予約をしてスタートボタンを押す
  2. 出来上がり

いかがでしょうか、伝わっていると思いますが本当にこれだけなんです

容器の写真のように捏ねるための羽根が付いており非常に入れやすくなっています

材料は全量容器に投入しますが、ドライイーストのみ本体の専用のポケットに投入する必要があるのでそちらにセットします

シマ
シマ
パンの発酵度合いとの兼ね合いで個別にちょうどいいタイミングで投入してくれますよ

材料をセットした後はフタを閉めてデフォルトのメニューで指定のパンの種類にあった番号をセットします

シマ
シマ
ホームベーカリーの性能次第ですが、焼き色や出来上がり時間もセットできます

あとは寝て起きれば食パンの香ばしい匂いと共に爽やかな朝を迎えることができますよ

シマ
シマ
焼き立てのパンの匂いで迎える朝はそれだけで幸せな気分になります

朝にバタバタすることもなく、週末の夜にセットすれば

休日にはお店で買うような焼き立ての食パンを食べながらコーヒーを飲むような優雅な朝を迎えることができるのは大きなメリットと言えます

写真からその「フワフワ感」が伝われば幸いです(笑)

ちなみにですが今回私が購入したホームベーカリーについては以下のリンクから購入も可能ですので

興味があればぜひチェックしてみてくださいね

ホームベーカリー購入時のポイントとしてはその機能に由来しますが、

私が選ぶ際のポイントとしては次の点に着目しました

  • 予約機能がある(材料の自動投入)
  • タイマーセット機能がある
  • マニュアル設定が可能

シマ
シマ
特に重要視したのは種類のパンがつくりたかったのでマニュアル機能でした

機能を絞ればもっと安価な機種の購入も可能ですのでぜひ購入時の参考にしてみてくださいね

created by Rinker
¥19,800 (2022/07/06 01:06:13時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥33,550 (2022/07/06 01:06:13時点 楽天市場調べ-詳細)

アレンジが多彩で家族で楽しめる!

家電のように大きな買い物をする際には「使ってみて楽しい」という点を個人的には重要視しています

長く愛用するという視点においても重要ですし、何より使いたくなる気持ちが大事です

シマ
シマ
ホームベーカリーは毎回次はなにを作ろうかな〜と考えさせられます

最近のホームベーカリーは1台あればパンはもちろん麺類や餃子の皮、甘酒などもはや「何用の機械?」と驚かされます

季節事に家族で作りたいものを考えることでお子さんとも一緒に調理を楽しむこともできますね

シマ
シマ
一例として私の家で作ったパンの例を紹介します

平焼きあんぱん

ホームベーカリー1セットで6個も作ることが可能です

生地の作り方は基本の食パンと同じく材料を投入するだけで、生地が完成したら餡子を包んでフライパンで両面を焼き上げるだけでオーブンを使わないパンになります

小腹が空いたときのおやつにはピッタリです

ナン

いつもライスで食べていたカレーをお店風にナンて食べたい時にもホームベーカリーにお任せです!

一見作るイメージは無さそうなナンですが、材料は普通のパンと同じで強力粉、オリーブオイル、砂糖、塩、水、ドライイーストと比較的準備も簡単ですよ

発酵不要の生地で8分程度「練り」作業をホームベーカリーに任せてあとは切り分けて成形してフライパンで焼けば完成します

シマ
シマ
フライパンで焼いている時から香ばしい良い香りを楽しめます

トッピングにチーズを入れるのもオススメです

モチモチ食感で冷凍保存で翌日以降もレンジで温めれば美味しく食べられます

ピザ生地

みんな大好きピザについてもホームベーカリーで簡単に生地作りできました!

材料は強力粉、バター、砂糖、スキムミルク、塩、水、ドライイーストです

こちらは発酵の工程が入りますが、材料をホームベーカリーに仕込めば45分程度で生地が仕上がります

ホームベーカリーに頑張ってもらっている間に上に乗せる材料を準備して生地ができたあとは成形して材料を並べて焼くだけです

シマ
シマ
ピザ作りは家族や友達とやるとパーティー感覚で盛り上がること間違いなしです!

コスパの面でも材料費含め1000円程度で2枚は焼けるのでもう出前を取らなくなりました

イングリッシュマフィン

最後に紹介するのはこちらも朝ごはんの定番であるイングリッシュマフィンです

市販のでも十分美味しいですが、型枠を使用することで簡単に焼き上げることができますので

休日に外でご飯を食べたりなど、ちょっとオシャレなカフェランチ風の食事を取る際にはぴったりですね

昨晩の残りを挟めばサッとオシャレな朝食が出来上がりです!

手作りパンに変えることで出費が抑えられる!

最後になりましたが、価格の問題について紹介していきます

食パンの事例での材料費比較

ホームベーカリーで作った食パンに必要な材料費を試算してみると

通常の材料をスーパーで揃えて作った場合は概ね1斤あたり125円程度になります

食パン1斤当りの材料費

  • 強力粉(250g):95円
  • 無塩バター(20g):30円
  • ドライイースト(1.4g):5円
  • 砂糖・塩:5円
  • 合計:135円

実際パン屋さんで1斤の食パンを買おうとするとすると安いものでも200円程度、高級食パンだと500円こえるものもあるので手軽に食べれる食パンが100円以上お得にすることができるという計算ですね

また、少しテクニカルな話にはなりますが

材料費に関しては私の場合ではネット通販でのまとめ買いを活用することで1斤当り100円相当までお得に購入しています

シマ
シマ
楽天市場のお買い物マラソンなんかを活用すればポイント還元の面からもお得に購入できます

いつもまとめ買いをしている例としてリンクを貼っておきますのでご参考ください

ホームベーカリー本体価格について

次にホームベーカリーの本体価格についてです

知人
知人
いくら材料費で安くても初期費用がかかるのはちょっと…

と考えられる読者さんもおられるかと思います

シマ
シマ
私も最後まで悩んだ要因は本体の価格でした

私の使用している機種をベースに説明いたします

2019年のモデルで2021年現在ですが35,000円が目安となっています

計算時の前提は以下のように仮定しておきます

毎週パン1斤を食べるとする

パン1斤での金額メリットが300円出たとする

この仮定だと毎月1,200円のメリットが出るため、毎年14,400円のメリットになります

この金額で本体価格から割り返すと2年半以内で元が取れるという計算になります

週一回パンを食べる場合には2年半で本体価格の元を取れる

もちろん計算前提として電気代などを考慮していないというところもありますがザックリの試算であれば参考になるレベルになるかと思います

これよりも高頻度で昼食用の惣菜パンを買う方であれば、もっとお得になりますし本体価格を落としたモデルで十分な人であれば、単純にお得になるという感覚ですね

そちらを採用すると2年半程度で取り戻せますので使用頻度と併せて検討することをおすすめします

シマ
シマ
私の場合には週2回パン作りをしますので概ね2年弱で元がとれるような計算で購入を決意しました

使用用途や頻度を想定することでご自身の使い勝手に見合う機種が選定ができますし、先に述べたまとめ買いの手法を取り入れることができれば十分お得にホームベーカリーが活用できるようになりますね!

まとめ

さて今回の記事ではホームベーカリーを購入することで生活の質を向上させることができたという点を実例付きで紹介させて頂きました

メリットについて再度お伝えすると次の通りです

  • お店レベルのパンが手早く簡単に食べられる!
  • アレンジが多彩で家族でパン作りが楽しむことができる!
  • 手作りパンに変えることで出費が抑えられる!

実際に使用することで本当に簡単で美味しく、楽しくパン作りができる点を実感して購入してよかったと思っています

これを機にパン作りをお家でやってみたい!小麦粉を使ったレシピを開拓したい!

という感想を持ってもらえますと嬉しく思います

今回も本記事をお読み頂きありがとうございました